<< 【ペダルの上で考えたこと】:足の裏の体重移動 | main | Togsで登り克服:向きに注意 >>
2015.02.05 Thursday

TOGSを装着しました:期待大のパーツ

エンデューロにおいて、バイクのセットアップはタイムを計測する下りが、どうしても重視されます。
ワールドエンデューロのコースなど、ダウンヒルと同じポジションで走りたい位です。

ですが、エンデューロではスタート地点までのリエゾンや、コース中にある登り返しなど、上りもしっかり走ります。

海外の選手のように、ドロッパーポストを上げるとハンドルバーとシートの間に大きな落差が出来るならいいのですが、背の低い館兄(167cm)にはそれも望めません。

Jared-Graves-Yeti-SB6c-5081-780x520

2014EWSチャンプ、ジャレッド・グレイブスのYETI。XCみたいなシート高です

Untitled
館兄のFIREEYE。いっぱいに上げた状態。

結局、下り重視のセットアップにして、サスペンションのロックアウトやハンドルバーの握り方で登りに対応するしか無いのですが、それをガッツリサポートしてくれそうなパーツが登場。

Untitled

それがTOGs

グリップとブレーキの間に挟むように設置するパーツなのですが、館兄が登りで多用するポジションにドンピシャなので、期待大です。

Untitled

早速、取り付けてみました。

Untitled
コメント
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Facebook Page
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM