<< 2014年ジャパンシリーズダウンヒル岐阜ウイングヒルズ大会・決勝日 | main | 2014Jシリーズ:富士見パノラマ秋レポート:決勝当日 >>
2014.10.11 Saturday

2014Jシリーズ:富士見パノラマ秋レポート:公式練習

予選に向かうゴンドラから見下ろしたコースは乾いていました。

「ウイングヒルズの二の舞はしたくない。今日はドライだ。恐れずに攻めていこう」

攻めの姿勢で走ることを、自分に言い聞かせ、山頂駅でゴンドラを下りました。

15357647499_e55f78b72a_k.jpg
photo by なかじ

10月11日(土):公式練習

今回の富士見のレースは月曜日が祝日の三連休なので、ダウンヒルは通常行われる土曜日ではなく、日曜日に決勝日が設けられました。公式練習日の今日は、ほぼ全日がトレーニングとなります。

15520484196_f578c34424_k.jpg

ある程度のコースの様子は昨日の夕方には確認出来ていたので、細かいラインの調整に費やしながら、試走を繰り返していきます。現在のダウンヒルレースは約3分ほどの競技時間で開催されています。富士見パノラマのコースですと、中間からスタートすることになり、山頂のゴンドラ駅からスタート地点まで半分ほど下ってくることになります。

その途中で、股関節と膝の動きと、バイクの連動に新たな感覚が伝わってきました。どうやらそれはずっと探してきていた、バイクと身体の連動が実現出来たときの感覚のようです。スムーズに進入して、加速しながら立ち上がって行きます。全てのコーナーで確実にこなせる訳ではありませんが、そのリズムが作れたときは嬉しくなるほど、スムーズにバイクが走ってくれるのです。

「これがずっと出来る様になりたい」

そんな気持ちで、バイクの手応えを探しながら試走を続けました。

15541590371_49af23bcab_o.jpg
Photo by 信州ふぉとふぉと館

そして、公式練習日の最後に行われるのがタイムドセッション。エリートクラスのライダーだけに与えられた、本番と同じようにタイムを計測する一本だけのトレーニング時間です。予選と同じく、各自30秒おきにスタートするので、よほどのことが無ければ誰にも邪魔されずに、コースを通して走ることが出来るのです。

15358260377_83a08ccbc4_o.jpg
Photo by 信州ふぉとふぉと館

そのタイムドセッションでは2分30秒378のタイムでゴール。もう少し行けそうな手応えなので、そのつもりで明日に備えます。
コメント
コメントする








 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Facebook Page
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM