<< 乗鞍MTBエンデューロの時のBURNINGの仕様 | main | 2014年ジャパンシリーズダウンヒル岐阜ウイングヒルズ大会・決勝日 >>
2014.09.26 Friday

2014年ジャパンシリーズダウンヒル岐阜ウイングヒルズ大会・前日公式練習

昨年、決勝走行中に転倒し右鎖骨骨折を受傷した大会です。一週間前に練習したときには、そのトラウマも無く思いっきり走れたので、今年も決勝進出を目指して行きました。

9月26日(金)

神奈川での仕事を終え、ウイングヒルズ会場へ移動しました。早朝5時頃到着し、キャンピングカーの中で仮眠を取ります。7時頃には起き出して、試走の準備をしていきます。

DSC_0042.JPG

ピットの設営、バイクの組み立て、みっちゃんに手伝って貰いながらB.aメソッドで身体の準備。先週のトレーニングの疲労がまだうまく抜けていないような感じで、動きが渋いのです。渋い場所をみっちゃんに伝えながら、動ける身体を作り上げていきます。

今は晴れていますが、昨日まで雨模様で路面は濡れているようです。第一シングルトラックの様子が気になります。とりあえず、前にシュワルベマジックマリー、後ろにマキシスDHR兇鰺いてコースイン。

IMG_3648.JPG

身体の動きと、実際コーステープを張られ、ラインがどの様に変わっているかを確認しながら走ります。やはり第一シングルトラックはラインが定まらないほど濡れています。これはレースが進むにつれて大変な状況になりそうです。

二本目を走ったところで、フロントタイヤをシュワルベ:ダーティーダンのノブをカットした物に交換。乗り比べて自信を持って走れる方を探します。

IMG_3639.JPG

荒れ気味の第一シングルトラックを含め、フロントタイヤに自信を持って走れるようになりましたが、その分木の根などで後輪が暴れ始めます。しかも、乾き始めたゲレンデのバンクセクション出口でフロントをすくわれ転倒。

センターノブのみをカットしていたフロントのダーティーダンですが、ここで思い切ってサイドノブもカット。おかげで乾いたセクションも安定してくれるようになりました。リアのDHR兇盒気圧を1.5kg/cm2まで落としたところで、望んだ手応えが見える様になりました。

今日の最後はエリートクラスの選手のみが走行出来る、タイムドセッション。それなりに自信を持ってコースインしたのですが、試して見たラインで予想外の転倒。前日の練習をあまりいい感じで終える事ができませんでした。

IMG_3636.JPG
コメント
コメントする








 
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Facebook Page
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM