2015.02.22 Sunday

【TOGSを装着しました:最高です】

タナトレでのイベントに参加するため、舗装路を走ったのですが、TOGSのカーブが親指の付け根を程よく支えてくれて抜群の安定感。
左右の取り付け角度が微妙に違ってたのも、信号待ちの間に携帯工具でパパっと調整出来ちゃうくらい簡単です。

ダメかなぁ、なんて一瞬でも考えてしまってホントごめんなさい。

Untitled

TOGSの取り付け角度ですが、館兄は手首を伸ばし気味に使うようなので、前に倒し気味になっています。
微妙な角度でパフォーマンスが変わりそうなので、しばらく調整してみたいですね。


タナトレでのタイムアタックもほぼ違和感なく走れたし、下りセクションではその存在を消してくれる優れ物。


そうなると、興味はここからのトレールライドでどれ位使えるか。


エンデューロだと、スタート地点までの移動区間であるリエゾンでの登りはもちろんなのですが、実はタイム計測を行うSS区間にも、かなりの斜度や距離の登り返しが有ります。


登りが苦手な館兄を、TOGSは助けてくれるのか?
フラットを加速して、親指をバーの上に移動してTOGSに預ける。


Untitled


TOGSが無かった時も、近いポジションを使って居ましたが、TOGSが在ると安定感が違います。

館兄は立ち漕ぎでガンガンではなく、シッティングでなんとかこなすタイプなので、握りが安定してくれるのは、とてもありがたいです。

肘が柔らかく使えるので、肩甲骨が解放されて背中の出力をバイクに伝えることができます。


TOGS最高です。

Untitled
欲を言えば、グリップとブレーキレバーの距離が少し離れるので、下りのポジションが微妙に変わるのを改善したいですね。


大先輩「Vassago野郎」さんの加工を参考に、色々試してみようと思います。
2015.02.21 Saturday

Togsで登り克服:向きに注意

ところが、ワクワクして近所を走ってみても、思ったほどいい感じになりません。

後日、そこそこの距離を走ってみても、なんだかしっくり来ません。

携帯工具も入りくいので、四苦八苦しながら角度を調整してみたのですが、改善せず

「やっぱりXC向けのパーツなのかなあ」

とがっかりしてしまいました。

固定のネジだって反対に付けた方がいいんじゃないか、と不満たらたら。

思い切ってハンドルバーのかなり内側に付けてみたりしたのですが、気に入った結果になりません。

Untitled

悔しいので、館兄にとってTOGSの大先輩「サルサ野郎」さんのページを訪問。

握った写真もいい感じに収まっていて、羨ましいかぎりです。

真吾さんはかなり細かくTOGSの角度を調整されていたので、その差かなあと思いながら見ていると、

ある写真に目が止まりました。

コレです↓

img_0

そして、館兄のはコレ。
どちらも左側が前です。

Untitled

なんと、向きを反対に取り付けていました。


「そら、しっくり来んわ〜」


いうわけで、早速反対向きに装着。

Untitled

工具も入りやすく、しっかり考えられていました。
こちらのミスなのに文句を言ってしまって、反省です。

握ってみると、いい感じ。

Untitled

早く走ってみたいです。
2015.02.05 Thursday

TOGSを装着しました:期待大のパーツ

エンデューロにおいて、バイクのセットアップはタイムを計測する下りが、どうしても重視されます。
ワールドエンデューロのコースなど、ダウンヒルと同じポジションで走りたい位です。

ですが、エンデューロではスタート地点までのリエゾンや、コース中にある登り返しなど、上りもしっかり走ります。

海外の選手のように、ドロッパーポストを上げるとハンドルバーとシートの間に大きな落差が出来るならいいのですが、背の低い館兄(167cm)にはそれも望めません。

Jared-Graves-Yeti-SB6c-5081-780x520

2014EWSチャンプ、ジャレッド・グレイブスのYETI。XCみたいなシート高です

Untitled
館兄のFIREEYE。いっぱいに上げた状態。

結局、下り重視のセットアップにして、サスペンションのロックアウトやハンドルバーの握り方で登りに対応するしか無いのですが、それをガッツリサポートしてくれそうなパーツが登場。

Untitled

それがTOGs

グリップとブレーキの間に挟むように設置するパーツなのですが、館兄が登りで多用するポジションにドンピシャなので、期待大です。

Untitled

早速、取り付けてみました。

Untitled
2014.09.03 Wednesday

乗鞍MTBエンデューロの時のBURNINGの仕様

IMG_3414.JPG

今回くらいのエンデューロレースなら新しく変えたサドルも良い具合です。もう少し長距離走ってみようと思います。

IMG_3421.JPG

計算上66°に寝かせたヘッドアングルも、良い方向に変化してくれているようです。
 
Parts Brand Model Additional info
Frame FIREEYE BURNING XS
Rear Shock ROCKSHOX MONARCH RT 重力技研チューン
Fork X-Fusion SWEEP RL2 DLA BLACK 重力技研チューン
Headset CANE CREEK ANGLESET -1.5
Handlebar Nookproof warhead carbon
Stem RACEFACE CHESTER 50mm
Grips ODI Ruffian Aqua
Brakes SHIMANO SAINT BR M810
Brake Levers SHIMANO DeoreXT BL M785L
Shifters SHIMANO DeoreXT SL M780-I
Front Derailleur - -
Rear Derailleur SHIMANO XTR RD M986 SGS
Chainguide e.therteen
Cranks SHIMANO XTR FC M960 167.5mm
Chainrings / Sprocket SHIMANO XTR FC M960 32
Bottom Bracket CHRIS KING MTB Pewter
Chain SHIMANO
Cassette / Rear Cog SHIMANO 11-36にFORMOSA40Tを追加 11,13,15,19,21,24,28,32,36,40
Pedals SHIMANO PD M647
Front Rim FIREEYE Excelerant 650B28 Rim
Rear Rim FIREEYE Excelerant 650B28 Rim
Hubs INDUSTRY NINE Torch hub Black 32h
Spokes
Front Tire MAXXIS Minion DHF 27.5x2.35
Rear Tire SCHWALBE ROCK RAZER(27.5 x 2.35) Super Gravity, TL Easy,
Saddle RACEFACE AEFFECT _Blue
Seatpost X-Fusion Hilo SL
Seatpost Clamp TIOGA 35.0 35.0
2014.08.21 Thursday

ヘッドパーツを交換。ヘッドアングルを変えてみます。


ケーンクリーク製のアングルヘッドに交換して、ヘッドアングルを変えてみます。
IMG_3368.JPG

BURNINGのヘッドアングルは67.5°。登りやタイトターン、切り返しが続くトレールなどはスゴク面白くて、良いバイクだな〜〜って思うのですが、富士見パノラマのAコースを全開で走ろうとすると、ちょっと安定感に欠けます。
このバイクの本来のシチュエーションでは無いのでから、仕方有りませんが、とても気に入ってるバイクなので、なんとか上手くセッティング出来ないかと色々試しています。

今回は、ヘッドアングルを少し寝かせてダウンヒルバイクの味付けに近づけてテストしてみようという訳です。

IMG_3413.JPG

さくっと圧入して、マイナス1.5°のセッティングですから、計算上ヘッドアングルは66°になりました。
ステムの長さは60mmのまま、先ずは走って見ようと思います。
IMG_3414.JPG
2014.08.14 Thursday

サドルを交換します。


エンデューロワールドシリーズ:コロラド大会では、ダウンヒルで使用して気に入ってるRACEFACEのアトラスサドルをDHバイクから移植して使用したのですが、館兄が長時間座るにはちょっと辛いと感じたので、同じRACE FACE(レースフェイス) AEFFECTサドル ブルー に交換します。



これが前に使用していたアトラスサドル

IMG_3014.JPG
2014.08.05 Tuesday

2014EWS#5コロラド参加の仕様

エンデューロワールドシリーズ:コロラド大会に参加したときのBURNINGの仕様です。

IMG_3167.JPG

まだ何もわかりませんでしたので「無事に帰ること」を主眼にバイクをアッセンブリーしました。
タイヤは転がりよりもサイドの強さとか、フロントギアも2枚にして、登り対策にしました。

IMG_2959.JPG

フロントは現地では32Tに限定して走って見たのですが、36Tより大きな後ろのスプロケットを付ければイケそうだったので、帰国したら32Tシングルをテストしてみようと思います。

IMG_2952.JPG

活躍してくれたのがこのXONの180mmディスクローターです。バランスと耐久性が良いのでお気に入りです。



バーはDHで使用している、カーボンのヌークプルーフに交換して行きました。
 
Parts Brand Model Additional info
Frame FIREEYE BURNING XS
Rear Shock ROCKSHOX MONARCH
Fork X-Fusion SWEEP RL2 DLA BLACK
Headset CHRIS KING Inset 2 Pewter
Handlebar Nookproof
Stem SPECIALIZED 60mm
Grips ODI Ruffian Aqua
Brakes SHIMANO SAINT BR M810
Brake Levers SHIMANO DeoreXT BL M785L
Shifters SHIMANO DeoreXT SL M780-I
Front Derailleur SHIMANO FD-M786-D-L
Rear Derailleur SHIMANO XTR RD M986 SGS
Chainguide - -
Cranks SHIMANO XTR FC M960 167.5mm
Chainrings / Sprocket SHIMANO XTR FC M960 32x24
Bottom Bracket CHRIS KING Pewter
Chain SHIMANO
Cassette / Rear Cog SHIMANO 11-36
Pedals SHIMANO PD M647
Front Rim FIREEYE Excelerant 650B28 Rim
Rear Rim FIREEYE Excelerant 650B28 Rim
Hubs INDUSTRY NINE Torch hub Black 32h
Spokes
Front Tire SCHWALBE MAGIC MARY(27.5 x 2.35) Super Gravity, TL Easy
Rear Tire SCHWALBE MAGIC MARY(27.5 x 2.35) Super Gravity, TL Easy, Nob Cut
Saddle RACEFACE ATLAS Rail
Seatpost X-Fusion Hilo SL
Seatpost Clamp TIOGA 35.0
2014.07.23 Wednesday

フロントはギア二枚で行きます。

エンデューロワールドシリーズに参加する為にいろいろ試しているのですが、登りが怖いのでインナーギアを付けていきます。

IMG_2959.JPG

懐かしい960XTRを引っ張り出してきました。
クランク長は167.5mm。
無事に帰ってくることが、今回の目標です。
2014.07.13 Sunday

Burningのリアユニットをアップデート

Burningを富士見パノラマのAコースで走らせたときに感じる不安定感を悩んでいたら、重力技研の萩原さんがタイミングを変更したリアユニットを作成して下さいました。

IMG_2934.JPG  

早速交換してみると、バイクの姿勢も少し変わり、思った方向に変化してくれました。
Aコースを走ってみると、かなり攻め込むことが出来ます。

 

これで、少し自信を持ってコロラドのEWS(エンデューロワールドシリーズ)に参加する事ができそうです。
2014.04.21 Monday

ステムを50mmに

まだまだ、試行錯誤中のバーニングですが、実際に走って見たりワールドエンデューロシリーズの動画を見たりしていると、もっと思い切って下り寄りのバイクにする必要がありそうです。

例えば、富士見パノラマのAコースやBコースを全力で攻められるバイク。

なので、ステムを短くすることにしました。

IMG_2304.JPG

またしてもレースフェースですが今度は50mm。

ダイナコパークで行われた関東選手権第4戦ではなかなかの手応えだったので、この状態で富士見パノラマに持ち込んでみようと思います。

IMG_2306.jpg  
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Facebook Page
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM